MENU

JR日豊線の大分駅より徒歩3分、大分市のエンゼル矯正歯科の日本矯正歯科学会専門医・指導医・認定医のページです。

お電話でのご予約・お問い合わせTEL 097-532-8411

平日 10:00~19:00土曜 10:00~18:00休診日 木曜日・第1・3・5日曜日・第2・4月曜日

日本矯正歯科学会専門医・指導医・認定医について

  1. トップページ
  2. 日本矯正歯科学会専門医・指導医・認定医について

日本矯正歯科学会専門医・指導医・認定医の区別について

日本矯正歯科学会専門医・指導医・認定医の区別について

日本矯正歯科学会の専門認定制度は、学会として矯正歯科医の技術と経験を認定し、資格証を発行することにして、これを基に広く国民に矯正歯科医を選ぶための基準を提供しようとするものです。この制度は、日本のその他の専門認定制度に比べてもその基準が厳しく、高い技術と経験が要求されています。
矯正歯科医には技術と経験のグレードにより3種類の資格があります。

日本矯正歯科学会認定医(もっとも基本的な資格)

認定医を取得するには、

(1)歯科医師免許を有する者。
(2)歯科医師免許取得後、引き続き5年以上の学会会員である者。
(3)学会指定研修機関における矯正歯科基本研修(以下「基本研修」という)修了の後、その期間を含めて、5年以上にわたり、矯正歯科臨床研修(以下「臨床研修」という)を修了した者。または、同等の学識、技術、経験を有すると判断される者。
(4)学会の認めた刊行物に矯正歯科臨床に関連する論文を発表した者。
(5)学会倫理規程を遵守する者。

が最低限必要になります。以上の点をすべて満たすと、学会認定医として資格証が交付され、公式に矯正歯科医として自分の判断で治療することができるようになります。

日本矯正歯科学会専門医(治療の技術の優秀性を証明する資格)

さらに学会では認定医の中で特別に技術と経験が優秀であるものを選抜して、日本矯正歯科学会専門医という制度を敷いています。この資格の取得には

(1)歯科医師免許を有する者。
(2)学会認定医資格を有する者。
(3)7年以上継続して学会会員である者。
(4)学会の認めた刊行物あるいは学会の認めた学術集会において、矯正歯科臨床に関連する報告を発表した者。
(5)学会倫理規定を遵守する者。

という非常に厳しい条件が付けられています。

日本矯正歯科学会指導医(研修医を指導する資格)

また専門医とは別に学会では、矯正歯科の研修医を指導監督する特別の教官資格として、日本矯正歯科学会指導医という制度を敷いています。指導医になるには、

(1)申請時点において基本研修機関に常勤する者。
(2)12年以上の学会会員である者。
(3)12年以上矯正歯科の臨床、教育、研究に専従している者。
(4)認定医である者。

日本矯正歯科学会専門医と指導医・認定医はどう違うのか(区別)

ここで多くの皆様が迷われるのは、認定医よりも専門医と指導医がグレードの高い資格だと言うことは分かるが、では専門医と指導医の違いは何かと言うことでしょう。
一言で言いますと指導医は、矯正を人に教えるための教師としての資格であるということです。そういう意味では指導医に課せられた教師としての責任は非常に大きいと言えるでしょう。ところが指導医になるには治療の技術が高いかどうかは問われていないと言う問題があります(大学に一定期間在籍すればよい)。教える技術と実際に治療する技術は必ずしも一致していないと言うことです。

ここでもう一つ注意しなければならないのは、いわゆる一般的な言葉としての”・・・専門医”と、日本矯正歯科学会専門医とは意味が全く異なると言うことです。広い意味において「私は矯正の専門医です」という言い方は、「矯正だけ診療している歯科医師です」という意味であって、日本矯正歯科学会専門医であるという意味ではありません。この点は非常に紛らわしいので注意が必要です。

矯正歯科と看板に書いてあっても、矯正歯科医としてきちんとした資格がある医療機関とは限りません。というのは、現在の日本の法律では、歯科医師である限り法律上はどの専門分野の治療をしても良いことになっているからです。担当医の資格がわからない時には、はっきり尋ねてみても良いでしょういずれにしても、安心して矯正歯科治療を受けるには”日本矯正歯科学会専門医”が望ましいのですが、最低限学会認定医の治療を受けましょう。一度受けた治療は元に戻すことができないのですから。

  • 症例紹介
  • 患者様の声