MENU

大分駅より徒歩3分のエンゼル矯正歯科のクリーニング(メンテナンス)のページです。

お電話でのご予約・お問い合わせ TEL097-532-8411

診療時間

クリーニング(メンテナンス)

  1. トップページ
  2. クリーニング(メンテナンス)

すてきな笑顔のために虫歯や歯周病を予防しましょう

すてきな笑顔のために虫歯や歯周病を予防しましょう

一生涯自分の歯で過ごすことができるでしょうか?
できます。現在の虫歯歯周病などのお口のトラブルを予防するための処置や技術はかなり進んでいますので、一生自分の歯を保つことは可能です。
大分市の歯医者「エンゼル矯正歯科」では、お口のトラブルを未然に防ぐ「予防」の考え方を大切に、治療にあたっています。

歳をとって歯を失うのは老化現象だと思っていませんか?
年齢を重ねると皮膚のシワが増えたり、腰が曲がったりするように、歯や歯を支える顎の骨が弱くなることはありますが、歯がなくなることはありません。

歯を失う理由

親知らずを除いた永久歯の本数は28本です。日本人の80歳の方で28本の歯がすべて残っている方はほとんどいません。80歳の平均残存歯数は12,2本(平成23年歯科疾患実態調査報告より)で半分以下になっています。
歯を失う原因は虫歯、歯周病、外傷です。そのうち外傷(例えば事故など)は未然に防ぐことはできませんが、虫歯や歯周病は予防が可能です。

虫歯や歯周病の直接の原因はバイオフィルム(プラークのかたまり)です。
これを毎日除去する、つまりすみずみまでブラッシングできれば問題は起きません。
しかし少しでも取り残しがあると、やがて歯の表面が溶かされる「脱灰」が起こり、さらに進むと歯が壊され穴があく「虫歯」になります。
穴があいてしまった歯は自然治癒しませんので、一度悪くなると治療をしても再発しやすくなりやがては歯の喪失に結びついていく可能性が高くなります。

虫歯の予防について

歯は毎日の食事の際に、「脱灰」と「再石灰化」をくり返しますので、一日の脱灰量と再石灰化量の比率が虫歯の形成に大きく関与します。
また生活習慣や食生活にも気をつけなければなりません。
虫歯の予防は自宅での毎日の管理(ホームケア)と定期的な歯科医院での管理(プロフェッショナルケア)が大切です。
プロフェッショナルケアでは毎日のホームケアでは落としきれないバイオフィルムを機械的に除去し、唾液によるお口の自浄作用の向上や歯の再石灰化を促進させ、歯質を強化し、フッ化物応用による耐酸性効果の向上や抗菌作用を促します。

虫歯・歯周病の予防と矯正治療

虫歯・歯周病の予防と矯正治療

歯列不正があるとプラークの付着率が高くなり、除去も難しくなります。
その結果、脱灰から虫歯、そして歯肉炎から歯周炎へと進行しやすい環境になってしまい、歯の喪失率も高くなってしまいます。
口腔内環境の整備をするためにも歯列矯正治療が有効なのはそのためです。
見た目の美しさだけでなく、機能のための咀嚼、発音や歯の寿命に大きく影響するのです。

現在の虫歯や歯周病のリスクを調べ、歯列の改善を行い、定期的なメンテナンスを受けることによって一生涯自分の歯でおいしくかめるようになるはずです。
不幸にもすでに何本かの歯を失ってしまっていたとしても、歯列不正の改善やメンテナンスで、よりよい口腔内環境を保つことが可能となります。

矯正治療中のカリエスフリーを目指して

矯正治療中は装置を付けているため、虫歯になりやすい状態になります。当院では予防のために「クリーニング」「メンテナンス」を大切に考え、虫歯のない口腔内「カリエスフリー(虫歯ゼロ)」を目指しています。

【虫歯は「治療」より「予防」を】
Pick Up

虫歯は「治療」より「予防」を

日本ではまだ「虫歯は治療するもの」だと思っている方が多いようです。しかし歯というのは、一度虫歯になると自然治癒することはなく、たとえ治療を受けても、歯と詰めたものとの隙間から再び虫歯ができる可能性をもっています。治療しなくてよい歯にするために予防が必要です。

これからは「虫歯は予防するもの」だという認識を持ち、カリエスフリーを目指しましょう。虫歯にならないためには、何よりも小さい時から口腔内環境をきちんと整え、磨く習慣を身につけることが大切です。

矯正治療中に虫歯にならないように

矯正治療中は装置付近に歯ブラシが行き届かず、みがき残しが多くなる傾向にあるので、虫歯のリスクが高まってしまいます。矯正治療中に虫歯治療が必要になると、いったん矯正治療を中断しなければならないこともあるので要注意です。虫歯予防を効果的に行うのは、日々のブラッシングに加え、プロフェッショナルによる「クリーニング」や「メンテナンス」を受けることが大切です。

プロフェッショナルクリーニング
PMTC

PMTC

Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で歯科医師や歯科衛生士が専用の機械を使って歯の表面のプラークや歯石を徹底除去するクリーニングです。
「歯石取り」を行ったあとの歯の表面のざらつきが残っていると汚れがつきやすい状態になってしまいます。PMTCでは仕上げに専用のチップとペーストで歯の表面のざらつきを取り除き、滑らかにして汚れの再付着を防ぎます。

クイックジェット(歯面清掃器)

クイックジェット(歯面清掃器)

水と炭酸水素ナトリウムを主成分とするパウダーを混合したものを強い圧力で噴射して歯をクリーニングします。
歯ぐきを傷つけることなく歯の表面に付着した沈着物を除去します。施術後の歯の表面はツルツルになり、すっきりとキレイになります。

リナメル(ナノアパタイト塗布)

リナメル(ナノアパタイト塗布)

歯の表面には無数の細かい傷があり、そこにステイン(茶しぶなどの色素沈着)やプラークが入り込むことが歯の汚れや虫歯の原因になります。
ナノアパタイトを歯の表面に刷り込むと、この傷が修復され歯がツルツルになります。汚れを防ぐだけではありません。
歯に大切なミネラル成分を補給し、歯の表面のコーティング効果により外部からの刺激を遮断して知覚過敏の軽減や消失が期待できます。
虫歯の原因菌であるストレプトコッカスミュータンス菌を吸着する性質をもっていますので、虫歯や歯周病の予防につながります。

  • 症例案内
  • 患者様の声