MENU

JR日豊線の大分駅より徒歩3分、大分市のエンゼル矯正歯科の舌側矯正のページです。

お電話でのご予約・お問い合わせ TEL097-532-8411

診療時間

舌側矯正

  1. トップページ
  2. 舌側矯正

歯の裏側に装着するのでほとんど気づかれません

歯の裏側に装着するのでほとんど気づかれません

目立つ歯並びは整えたいと思っていても、通常の矯正装置は「装置が目立って見えるのが恥ずかしい」「人前では笑えない」と他人に気づかれることを気にする方も多くおられます。
また大人になって矯正装置を付けるのに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。
装置を歯の裏側に装着することが問題解決につながります。
気になる歯並びを「ほかの人に気づかれないように治したい」――そんな方はお気軽に大分市の歯医者「エンゼル矯正歯科」にご相談ください。当院は、以下所属団体に加盟していて、健康な歯の寿命を長くする情報を多く提供したいと考えています。

  • 日本舌側矯正歯科学会 認定医
  • 世界舌側矯正歯科学会 アクティブメンバー(認定医)
  • ヨーロッパ舌側矯正歯科学会 アクティブメンバー(認定医)

薄く違和感のない装置~Clippy-L

薄く違和感のない装置~Clippy-L

薄く違和感のない装置~Clippy-L

~STb~

~STb~

~STb~

ほとんど見えない矯正治療

通常は歯の表面に矯正装置を取り付ける唇側矯正を行いますが、当医院は開業以来、歯の裏側に装置を装着する舌側矯正を行っています。開業当初は歯の表面に装置を付けた場合の1.5倍の治療期間がかかっていましたが、現在ではほとんど同等の期間での治療が可能です。歯並びの状態によっては唇側矯正より早く治療することも可能となっています。当医院の場合、治療結果も唇側矯正と舌側矯正とで、ほとんど差がありません。

歯科医療の進歩により矯正装置も進歩しています。以前にくらべ装置自体の違和感が少なくなり、発音に対する問題もずいぶん少なくなっているのです。この小さな舌側矯正に使用する装置(STb、CLIPPY-L)は患者さんの快適さを優先して開発されました。

目立たない矯正装置からほとんど見えない矯正治療へ

矯正治療の必要性

矯正治療の必要性

歯並びが悪くてもすぐに食事ができなかったり、会話ができなかったり、呼吸ができなくなるわけではありません。痛みや不具合を感じない場合、口の中に問題が起きていても将来的に歯の寿命が短くなったり、かめなくなったりする可能性があると認識する方は少ないといえます。
歯科治療の目標は、永続的に歯を保たせるもので、悪くなったら治療すればよいというものではありません。矯正歯科治療の目標は自分の歯で一生かめるための環境整備をすることなのです。

歯並びが悪いと虫歯や歯周病、顎関節症になりやすく、歯の寿命を縮めてしまう恐れがあります。
現に日本人は80歳ですべて自分の歯で生活している人はほとんどいないといってもいいくらい少数です。
しかし欧米では80歳ですべて自分の歯で生活している人が多くいます。いったい何が違うのでしょうか?

「歯科医師の予防策の説明不足?」
「定期検診の受診率の低さ?」
「患者さんの歯科について関心度の低さ?」
「正常咬合(正しい歯並び)に対する認識不足による矯正歯科受診率の低さ?」

実際はさまざまな理由が絡んでいるでしょう。矯正歯科に携わっている私たちにとっては、「矯正歯科受診率の低さ」に注目しています。
矯正歯科治療に要する期間は約2年間です。この期間は長いのでしょうか?短いのでしょうか?
矯正治療後に得られるキレイな歯並びやすてきな笑顔や顔貌を考えると、人生において決して損することはないでしょう。
しかし患者さんからすると2年間も矯正装置を付けなければならないということに抵抗がある方も少なからずいらっしゃいます。
つまり目立ってしまう矯正装置のために治療を断念する方もいらっしゃるのが現実です。
私たち矯正歯科医は、できるだけ多くの方の咬合を理想に近づけるための努力が必要だと考えています。

欧米とくらべ、日本の矯正歯科治療についての関心度がかなり低いことは周知の事実です。
そのため私たちは矯正歯科治療が健康にどれだけ深く関与し、歯の寿命に密接に結びついているということを啓発する義務があると考えています。
一人でも多くの方に矯正治療を受けていただくために有効な装置のひとつが、ほとんど見えない舌側矯正です。
誰にも気づかれずに治療できるなんてすてきだと思いませんか?

ほとんど見えない舌側(リンガル)矯正

ほとんど見えない舌側(リンガル)矯正

一般的な矯正治療では歯の表面の唇側に装置を付けるので、目立ってしまい治療にふみ切れない方も多いようです。そこでご紹介するのが「舌側(リンガル)矯正」です。歯の裏側に矯正装置を装着しますので大きな口を開けない限り、見えにくく、気づかれにくい装置です。

治療開始直後は舌に装置が当たる感触が気になるかもしれません。しかし装置は特殊加工によって丸みを帯びていますので、慣れてしまえば気になる違和感がほとんどなくなります。装置を連結するワイヤーに沿って歯をゆっくりと目的の位置に移動させていく仕組みは唇側矯正と同様ですので、高い効果が得られます。当医院でのワイヤー調整は4~8週間ごとです。

舌側矯正のメリットとデメリット
メリット
外見上は装置がまったく見えない 大きく口を開けない限り、外見上は装置がまったく見えません。
接客業など、人と接する仕事をされる方によく選ばれています。
歯の表面を傷つけない 矯正装置を装着すると、歯の表面は傷つきやすくなり、エナメル質が摩耗して光沢を失うリスクがあります。(従来の接着剤の場合)
その点、舌側矯正であれば唇側の歯の表面を傷つけないので唇側に装置を付けるよりもリスクがありません。
虫歯になりにくい 舌側にはいつもだ液が循環しているので、だ液の殺菌作用によって細菌が増殖しにくい環境になっています。
また、歯の表側より裏側のほうが歯の表面を守るエナメル質の層が3倍も厚いため、細菌が出す酸に溶かされにくく、虫歯になりにくいといえます。
唇側矯正の治療期間と変わらない 唇側矯正と舌側矯正の治療期間の差はほとんどありません。患者さんの不正咬合の状態によっては、唇側矯正よりも早く治療が終了することがあります。
デメリット
費用が割高である 舌側矯正は、患者さん一人ひとりに合わせたオーダーメイドの装置が必要になります。また治療の難易度が高く、特殊な技術が必要です。
作業が複雑で手間もかかるため、唇側矯正にくらべると治療費が高くなります。
しかし、当医院ではドクターが個々の患者さんに合わせて装置を製作しているため、より精度の高い装置で高精度の治療をご提供できます。
お口の中で違和感がある 装置が舌側に付いているので装置が舌に当たり、しばらくは違和感がありますが、現在は極力薄く改良された装置を使っているため、1週間ぐらいで慣れてしまいます。
発音がしにくくなる 一時的に話しづらかったり、サ行やタ行、ラ行が息が抜けて発音しづらくなったりします。こちらも慣れてくれば通常通り発音できるようになります。
発音の練習をすることで1~2週間で慣れてきます(発音練習方法を指導します)。

セルフライゲーションブラケットについて

セルフライゲーションブラケットとは、ブラケットとワイヤーの摩擦抵抗を軽減させたタイプの矯正装置の仕組みです。従来の矯正装置ではワイヤーとブラケッ トに作用する摩擦抵抗が大きいので歯を動かす力をかける際にも、摩擦力を打ち消す力も必要です。

しかしセルフライゲーションブラケットはワイヤーを止める フタがあり、摩擦がほとんど生まれなくなっています。つまり従来よりも弱い力で歯の移動が可能です。そのため痛みが少なく、歯の移動がスムーズで、従来の方法より約20%の治療期間の短縮が期待できるシステムです。

協力なし(歯科矯正用アンカースクリュー)の治療とは?

協力なし(歯科矯正用アンカースクリュー)の治療とは?

矯正治療は歯にブラケットという装置を付けて、それにワイヤーを通して歯を動かしていきます。治療は歯科医の技術と患者の協力によるものが大きかったのですが、矯正用アンカースクリューの出現により、より効率的な治療が簡単に(患者の協力なしに)でき、治療の限界をかなり広げ、外科手術でないとできなかった治療が矯正治療のみでできる人も増えてきました。

抜歯と非抜歯治療について

矯正治療をするうえで顎の大きさと歯の大きさとのバランスが悪い場合、何本か歯を抜歯して治療することがあります。健康な歯を抜くのはもったいないという 思いのある方がいると思いますが、かみ合わせ、顎関節、顔の形、歯の寿命、治療後の長期安定などを総合的に考えた場合、一生涯機能できるようにするための 一つの手技で、逆に小さな顎に無理にすべての歯を並べることによってかみづらくなったり、口元が突出したり、歯をささえている歯槽骨からはみだし歯の寿命 を短くするようになっては治療の意味がなくなってしまいます。もちろん抜かなくて治療できる場合もあります。

年をとっても美味しいものが食べられる、歯がずっと健康でいられることは、なんて幸せなことでしょう。それには子どものころからのケアが大切で、小 さい頃からの健康管理の習慣化と環境整備をしていくことが重要です。われわれは、そのお手伝いをさせていただければと思っています。ご両親やご家族の方が 歯科医と同等の正しい知識をもてば子どもの歯は健康に育ちます。

矯正歯科は口元の美しさのためにだけに行うわけではありません

歯並びを整えて口元をキレイにしたいと思うのは今では当たり前のことになっていますが、治療期間を短くするとキレイにすることを目的に、健康な歯を削ってしまうと歯の寿命を縮めてしまうことにつながります。矯正治療はお口の健康のために、時間をかけて歯を動かし、歯並びやかみ合わせを整える方法です。

  • 症例案内
  • 患者様の声